Arduino, Processing, ドライフラワー

長谷川佑子

プログラムで表現されたデジタルな儚さと素材で表現されたアナログな儚さを掛け合わせた作品。デジタルメディアの特性とアナログメディアの特性を絶妙に融合させたこの作品はインタラクションが持つ可能性の幅広さを感じさせる。